水を汲んだしもべたち

出演者
山本陽一郎
コメント数
0
制作
一般財団法人 太平洋放送協会
タグ
  • 疲れているとき

もっと詳しく見る

アップロード日
2021.03.02
カテゴリ
人物・人生
聖書箇所
[新約聖書] ヨハネの福音書 2章7,8節
放送日
2021.03.02
 「世の光」の時間です。いかがお過ごしですか。山本陽一郎です。世界最大級と言われるパリのルーブル美術館、たくさんの絵が展示されていますが、その中で一番大きな作品は、「カナの婚礼」です。これは、ヨハネの福音書二章の出来事を描いたものです。今日はそこからお話ししましょう。
 カナの町は、イエス・キリストが育ったナザレの北にありました。そこで結婚式があって、イエスたちも招かれていました。当時の祝宴は一週間にわたって続き、町中から大勢の客を招待するのが習わしでした。
 ところがこの時、客に振る舞うぶどう酒が、あろうことか途中で切れてしまったのです。この難しい状況に、家の人々は焦りの色を隠せませんでした。そのときです。イエスが最初の奇跡を行われたのです。その家の前には、大きな石の水がめが六つ置かれていました。一つあたり80リットルから120リットル入るような、相当大きな水がめです。
 ヨハネの福音書2章の7節と8節「イエスは給仕の者たちに言われた。『水がめを水でいっぱいにしなさい。』彼らは水がめを縁までいっぱいにした。イエスは彼らに言われた。『さあ、それを汲んで、宴会の世話役のところに持って行きなさい。』」
 給仕の人たちは、イエスが言われたとおりに水を汲みました。そして世話役が味見をしてみると、水は最高においしいぶどう酒に変わっていたのです。客はみんな喜び、世話役も花婿を褒めちぎりました。聖書は語るのです。「汲んだ給仕の者たちはそれがどこから来たのかを知っていた」と。
 私はここに、神の眼差しを見る思いがします。水を汲んだ給仕係のように、みんなには見えない所で一生懸命に働いている人たちがいます。祈っている人たちがいます。あなたもそうかもしれない。神は、そんなお一人お一人をちゃんと見ておられます。そして、主に信頼して、みことばを信じて、せっせせっせと水を汲んだあなただからこそわかる、素晴らしい恵みがあるのだよと神は励まして下さるのです。

コメント

番組に対するコメントはまだありません。ぜひ感想をお願いいたします。

コメントを投稿する

お問い合わせ