孤独な金持ち

出演者
黒木昭江
制作
PBA 太平洋放送協会
再生時間
5min
タグ
  • 孤独や悲しみを覚えるとき
  • 元気をもらいたいとき

もっと詳しく見る

アップロード日
2024.06.13
カテゴリ
人物・人生
聖書箇所
[新約聖書] ルカの福音書 19章1~10節
放送日
2024.06.13

いいね登録

     登録数:12

いいねリストを見る

「世の光」の時間です。今週は名古屋市の富田キリスト教会・金山キリスト教会の牧師、黒木昭江がお届けします。
大切な人との出会いが、人生のターニングポイントとなることがあります。
今週は、キリストと出会って人生が変えられた人のエピソードを聖書の中からご紹介します。
今日、木曜日は、人生の価値は財産で決まる、と思っていた人のエピソードです。
その人は、ユダヤのエリコという町で税金を集める仕事をしていました。名前はザアカイ。ザアカイはユダヤを支配していたローマ帝国の職員として、同胞から税金を集めるだけでなく、しばしば不当に税金を取り立て、差額を自分の個人的な収入にしていました。ザアカイは財産を増やしましたが、いっぽうで親しくしてくれる人はいませんでした。
ある日、町にイエス・キリストがやって来ます。ザアカイは好奇心から有名人のイエスを一目見ようとしますが、人だかりで見えません。そこで、木に登って、上から、通り過ぎるイエスを見ようと考えたのです。するとイエスは、ザアカイの上った木の下からザアカイを見上げました。そして「ザアカイ、わたしは今日、あなたの家に泊まる」とおっしゃったのです。ユダヤの文化では、その人の家に行くというのは「友達になる」ことを意味しました。突然の申し出でしたが、ザアカイは急いで木から降りると、喜んでイエスを迎え入れたのです。
ザアカイは、イエスと出会って、人生に最も大切なもの、そして、自分が本当に求めていたものが何なのかがハッキリしました。それは、愛されること、また愛すること、でした。そして、イエスはザアカイの真実な友となってくださいました。
価値観を変えられたザアカイは、財産の半分を貧しい人に寄付し、脅し取った物は4倍にして返す、と公言します。
キリストは「今日、救いがこの家に来ました」とおっしゃいました。
イエス・キリストは私たちの心の目を開き、本当に大事なものは何かを悟らせてくださいます。そして人生を一緒に歩む、親友となってくださるのです。

コメント

番組に対するコメントはまだありません。ぜひ感想をお願いいたします。

コメントを投稿する

お問い合わせ