人は土くれ

出演者
関根弘興
制作
PBA太平洋放送協会
再生時間
5min
タグ
  • 孤独や悲しみを覚えるとき

もっと詳しく見る

アップロード日
2024.02.07
カテゴリ
人物・人生
聖書箇所
[旧約聖書] 創世記 2章7節
放送日
2024.02.07

いいね登録

     登録数:16

いいねリストを見る

「世の光」の時間です。お元気でお過ごしでしょうか?関根弘興です。今週は聖書の創世記の中から、人間とは、どのような存在なのか、ということをご一緒に考えています。
人は神様に似せて造られたと創世記には記されています。神様は、人をご自分に似たものとしてお造りになるとき、どんな材料を使われたのでしょう。創世記2章7節には「神である主は、その大地のちりで人を形造り、その鼻にいのちの息を吹き込まれた。それで人は生きるものとなった」と書かれています。
人間の材料は、なんと大地の塵だ、と言うんですね。辞書で「塵」の意味を引いてください。こう書いてあります。「利用価値のない、こまごまとした汚いもの。全く値うちのないもの」、このように記されています。神様は、全く価値のない塵から、土くれから人を形造られたというのですね。
もし、神様がダイヤモンドから人を創造されたなら、なんだかきらきら輝いていて、何がぶつかってきてもその強度で相手を跳ね返してしまうでしょうね。また、鉄や鋼で造られていたらどうでしょう。まるでスーパーマンのような存在になったかもしれません。でも、ひんやりと冷たい存在になったかもしれませんね。しかし、神様は、私たちを、最も価値のない、そして、吹けば飛んでしまうような塵から造られたと言うのです。私たちをダイヤモンドや鉄のような強靱な存在としてではなく、壊れやすい弱い存在として造られたということです。しかし、神様は、そんな弱い、壊れやすい、塵に過ぎないような人をご覧になって、「それは非常に良かった」と言われたのです。
私たちは、健康で、物事がすべてうまくいっているときには「それは非常に良かった!」と考えます。すべてが完璧なときこそが非常に良い状態なのだと考えますね。でも、神様は、人を塵から創造され、弱さを持った存在として造られたのです。そして、その弱さを持った一人一人に対して、「非常に良かった」と言ってくださるのです。
聖書が教えていることは、いったい何でしょう。人は塵で造られた弱くもろい存在であることを自覚することが大切なのですよ。だからこそ自分を造ってくださった神様を信頼しないひとりよがりの人生は、はなはだ危険なんですよ、ということを知らなければならないのです。人は、本来、自分では生きていけない、神様に拠り頼みながら生きていく存在として造られました。しかし、神様は、そんな弱い私たちを、非常に良い、価値ある存在として見ていてくださっているのです。

コメント

中野周治
『神様の栄光(あわれみ)は私達の弱さ(罪深さ)の内にあらわれます!』『神様の力(あわれみ)は私達の弱さ(罪深さ)の内に働かれるのです!』『神様の御前で自分の弱さ(罪深さ)を言い表すなら神様は真実で正しい方ですから、その罪を赦し、全ての悪から私達を聖めて下さいます!』『神様の深い深い、あわれみに、すがって、安心して(弱い自分のまま)(罪深い自分のまま)(汚れた自分のまま)神様の腕の中に飛び込んで行けばいいのです!』♪罪汚れは♪いや増すとも♪主の恵みもまた♪いや増すなり♪

コメントを削除する

このコメントを削除しますか?

パスワード

中野周治
『私の目にはあなたは高価で尊い!私はあなたを愛している!』

コメントを削除する

このコメントを削除しますか?

パスワード

もっと見る

コメントを投稿する

お問い合わせ