クリスマス 賛美歌紹介ウィーク Day3「あめにはさかえ」

出演者
飛田紀代美
制作
PBA太平洋放送協会
再生時間
5min
タグ
  • 病気のとき
  • クリスマス

もっと詳しく見る

アップロード日
2023.12.20
カテゴリ
人物・人生
放送日
2023.12.20

いいね登録

     登録数:7

いいねリストを見る

「世の光」の時間です。ナビゲーターの飛田紀代美です。今週はクリスマスの賛美歌とエピソードをご紹介しています。
今日お送りするのは「あめにはさかえ」。18世紀、「イギリス賛美歌の父」と呼ばれたチャールズ・ウェスレーの代表作です。1738年、30歳のチャールズは、病の床で自らの罪の重さにあえいでいました。しかし、聖書のことばを通して、神がどんなに自分を愛してくださっているかを悟り「爆発的な救いの喜び」を体験したといいます。この喜びを原動力として、チャールズはその生涯に6500曲以上の賛美歌を生み出したのです。
実はこの歌は当時、今とは違うメロディーで歌われていました。時は下り、115年後の1855年。あるクリスチャン音楽家が、メンデルスゾーンの交響曲第二番の合唱曲に深い感動を覚え、そのメロディーにチャールズの「あめにはさかえ」の歌詞を組み合わせたのです。実に100年以上の時を経て、同じ神を信じる二人のクリスチャンが作った歌詞とメロディーが奇跡のように結びあわされ、今や世界中で愛唱されるクリスマスの賛美歌になりました。「あめにはさかえ」新日本合唱団でどうぞ。
♪「あめにはさかえ」 歌:新日本合唱団

コメント

番組に対するコメントはまだありません。ぜひ感想をお願いいたします。

コメントを投稿する

お問い合わせ