あなたがたいせつ

出演者
山本陽一郎
制作
PBA太平洋放送協会
再生時間
5min
タグ
  • 不安や恐れを感じているとき
  • 孤独や悲しみを覚えるとき
  • 眠れないとき
  • 元気をもらいたいとき

もっと詳しく見る

アップロード日
2022.07.29
カテゴリ
人物・人生
聖書箇所
[旧約聖書] イザヤ書 43章4節
放送日
2022.07.29

いいね登録

     登録数:6

いいねリストを見る

「世の光」の時間です。いかがお過ごしですか、山本陽一郎です。
数年前から若い人たちの間で「尊い」という表現が使われるようになりました。たとえば「推しが尊(とうと)い」という使い方です。「推し」というのは、自分が応援しているタレントやキャラクターのこと。それが「尊い」というのは、その存在が自分にとって、「もうとにかく素晴らしい存在だ!」ということを表しているわけです。
ところで、聖書にはこういうことばが出てきます。
「わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している。」(イザヤ書43章4節)
まるでプロポーズのことばみたいですよね!これは、誰が誰のことを「尊(たっと)い」「尊(とうと)い」と言っているのでしょうか?それは、この世界をお造りになり、すべてを治めておられる神様が、あなたや私のことを「尊い」「大切な素晴らしい存在である」と言ってくださっているのです。
先日、ある学校の先生と食事をしました。彼は教会に通っている人です。その日、自分がどうやって聖書に出会ったのかを話してくれました。
「自分はずっとこの世の価値観にどっぷり浸かって生きていました。でも、周りの優秀な先生方と比較して、いつも自分は価値のない存在だと感じていました。このままじゃだめだと思った時に、本屋さんでキリスト教の本を手に取ったんです。それが聖書との出会いでした。聖書には、誰も教えてくれないことが書かれていました。自分は神様に愛されている。生きる価値があると知ったんです。変わりましたね。そこから。」
そうなのです。私たちが自分らしく生きるために必要なのは、じつは、私が私をどう見ているかではなく、神様が私をどう見ているかを知ることなのです。驚くべきことに、神様は私たちを「尊い」と言ってくださいます。罪深く、神様に背いて生きてきた私たちのために、救いの道を与えて、ご自分の愛するひとり子、救い主イエス様を送ってくださったのです。
「あなたが大切だ。」そう誰かに言ってもらえるだけで、人はどれほど力づけられ、生きていけることでしょう。あなたも、私も、神様から「あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している」と言われているのです。

コメント

番組に対するコメントはまだありません。ぜひ感想をお願いいたします。

コメントを投稿する

お問い合わせ