70年間変わらないこと

出演者
山本陽一郎
コメント数
0
制作
PBA太平洋放送協会

もっと詳しく見る

アップロード日
2021.07.26
カテゴリ
人物・人生
聖書箇所
[新約聖書] ヨハネの福音書 1章5節
放送日
2021.07.26
 「世の光」の時間です。いかがお過ごしですか、山本陽一郎です。今週は、私がメッセージをお届けします。今年、2021年は、PBA太平洋放送協会の創立70周年です。戦後の焼け野原から人々が立ち上がっていった時代に、ラジオの放送で聖書のメッセージを届ける働きがスタートしました。
 「光は闇の中に輝いている。闇はこれに打ち勝たなかった。」新約聖書 ヨハネの福音書1章5節のことばです。
 羽鳥明先生は、半世紀以上にわたって「世の光」をはじめとする番組で、聖書のメッセージを語り続けました。創立20周年の時、このように述べておられます。
 「私は、多くの兄弟姉妹たちに、支えられ、助けられつつ、20年間『世の光』という番組を中心に放送してまいりました。何のために20年も続けてきたかと申しますと、それは、あなたに、そして一人でも多くの皆さんに、やさしい愛に満ちた、いのちに満ちた、真実に満ちた、救い主イエス・キリストをご紹介したいからです。」
 この時から、さらに半世紀もの歳月が過ぎたわけですが、先生が語られたこのスピリットは、今も少しも変わっていません。70年もの間、スタッフも、メッセンジャーも、協力して下さる方々も、みんなが同じ思いで続けてきた働きなのです。
 数年前、私は東京都内で勤務する徳原さんという方と知り合いました。徳原さんは、小学6年生の時、かつて放送されていた「太平洋の声」という番組を聴き、そこで聖書のメッセージに初めて出会ったのですね。当時のことは、今も鮮明に覚えていて、小学校の屋上から夕日を眺めながら、神様のことを考えたそうです。それから33年後、2016年のクリスマスに、徳原さんは信仰を告白し、教会で洗礼を受けました。まさに、放送を通して福音に触れ、時満ちて、クリスチャンとして歩み始めたのですね。ご本人からその話を聞いて、大変感動しました。
 これからも福音に出会う方が、一人でも多く起こされるよう祈りつつ、放送を通して、救い主イエス・キリストをご紹介していきたいと願っています。

コメント

番組に対するコメントはまだありません。ぜひ感想をお願いいたします。

コメントを投稿する

お問い合わせ