旅人の道の光

出演者
原田憲夫
コメント数
0
制作
一般財団法人 太平洋放送協会
タグ
  • 疲れているとき
  • 不安や恐れを感じているとき

もっと詳しく見る

アップロード日
2021.06.03
カテゴリ
人物・人生
聖書箇所
[旧約聖書] 詩篇 119篇105節
[新約聖書] ペテロの手紙第一 1章24,25節
[新約聖書] ヨハネの福音書 8章12節
放送日
2021.06.03
 「世の光」の時間です。いかがお過ごしですか、原田憲夫です。さて今日も、私たちの人生を旅に重ねながら、ご一緒に考えています。旧約聖書 詩篇119篇105節をお読みします。
 「あなたのみことばは 私の足のともしび 私の道の光です。」
 昔の人は「一寸先は闇」と言いました。一寸というのは約三センチです。私たちの人生をたった三センチ先もわからない、明日のことはわからないと注意を促しました。本当にそのとおりです。
 私たちの人生の旅路は、一人で踏ん張って歩むには、あまりにも不安で暗い道です。けれども今日の詩篇は、「あなたのみことばは 私の足のともしび 私の道の光です。」と語ります。
 「あなたのみことば」とは、神様が、ご自身と、そのみこころについて私たち人間に伝えられたことば、約束です。目に見えない、手で触れることのできない神様のお考えを、私たちにわかるようにことばで伝えてくださいました。
 そして、このみことばは、「私の足のともしび 私の道の光」だと、諭して下さっています。すなわち私たちが旅路を行く時、その足元を照らす光だというのです。
 エルサレムの神殿にあった、七つの枝に分かれている燭台の灯は、常夜灯です。それは、いかなる時も消されることがない、永遠の光を象徴してるといいます。
 実に、私たちの見たり、聞いたり、手にするものは皆、朽ちていくものです。瞬く間に過ぎ去ります。聖書はこう語っています。
 「人はみな草のよう。その栄えはみな草の花のようだ。草はしおれ、花は散る。しかし、主のことばは永遠に立つ」ペテロの手紙第一1章24節、25節
 イエス・キリストは、詩篇が語る、みことばを体現されたお方です。闇を照らすいのちの光です。キリストはこう語ります。
 「わたしは世の光です。わたしに従う者は、決して闇の中を歩むことがなく、いのちの光を持ちます。」
 キリストは、旅人であるあなたの足のともしび、あなたの道の光です。あなたが今日、このキリストを、あなたの人生の主と信頼して踏み出す時、真っ暗な道に光が与えられて、「この道に歩め」という、主キリストの導きの声が、聞こえてくるでしょう。

コメント

番組に対するコメントはまだありません。ぜひ感想をお願いいたします。

コメントを投稿する

お問い合わせ