エリヤとバアルの預言者たちとの対決

出演者
羽鳥頼和
コメント数
0
制作
一般財団法人 太平洋放送協会

もっと詳しく見る

アップロード日
2020.05.30
カテゴリ
人物・人生
聖書箇所
[旧約聖書] 列王記第一 18章
放送日
2020.05.30
「世の光」の時間です。お聴きくださりありがとうございます。羽鳥頼和で す。先週はイスラエルの国が南北に分裂してしまい、分裂した南王国では、偶 像崇拝が盛んに行われ、戦争が絶えない状態であったことをお話しました。今 日は、旧約聖書の列王記第一 18 章から、北王国の状況をお話しします。
神は、人々をご自分に立ち帰らせるために預言者たちを遣わされました。そ の預言者の一人で、北王国に神から遣わされたのがエリヤです。18 章には、そ のエリヤとバアルの預言者たちとの対決が語られています。バアルとは偶像の 神のことです。エリヤはたった一人でしたが、バアルの預言者たちは 450 人も いました。彼らの対決は、祭壇を作り、そこで牛をいけにえとして献げるので すが、そのときに人が火をつけずに、それぞれ自分の信じる神が、火をつけて くれるようにと祈るというものでした。祈りを聞いて、祭壇に火をくだされた 方が、本物の神であるというのです。
さて、まず最初にバアルの預言者たちが大声で祈りました。午前中ずっと「バ アルよ、私たちに答えてください。」と祈りましたが、何も起こりませんでした。 すると彼らは自分の身を傷つけて、血を流しながら叫び続けました。それでも、 結局何も起こりませんでした。
次はエリヤの番です。彼はそこに、かつてあった神の祭壇を作り直し、そこ にほふった牛を置きました。そして、それに大量の水を三度かけたのです。こ うしてエリヤは一人で祈りました。「イスラエルの神よ。今日、あなたこそ神で あることが明らかになりますように。神よ。私の祈りに答えてください。」
すると、神の火が下ってきて、すべてを焼き尽くしてしまったのです。この 対決を見に来ていた人々は皆、「主こそ神です。主こそ神です」と言いました。 しかし、北王国の王は、まことの神に立ち帰ろうとしませんでした。その後も 神は、預言者を遣わし続けられました。神は人を見放さず、なんとか救おうと されるお方です。

コメント

番組に対するコメントはまだありません。ぜひ感想をお願いいたします。

コメントを投稿する

お問い合わせ