大きな愛

出演者
関根弘興
コメント数
0
制作
一般財団法人 太平洋放送協会
タグ
  • クリスマス・イースター

もっと詳しく見る

アップロード日
2020.04.10
カテゴリ
人物・人生
聖書箇所
[新約聖書] コリント人への手紙第二 5章21節
放送日
2020.04.10
「世の光」の時間です。お元気でお過ごしでしょうか、関根弘興です。
イエス・キリストが十字架につけられたことは、聖書にはっきりと記されて います。また教会のシンボルマークと言えば、十字架ですよね。しかしイエス 様が十字架につけられ、苦しみを受けられたということは、とても理不尽なも のでした。
当時のユダヤ当局者たちは、イエス様を捕らえ、いいかげんな審問を行い、 ついにはローマから送られた総督ピラトの下にイエス様を訴え、処刑してもら うために連れ出していきました。しかし総督ピラトは、彼らがイエス様への妬 みによって、このようなことをしたということを見抜いていました。ピラトは イエス様を調べるのですけれど、当時のローマ法に照らし合わせても、死刑に 値する罪を見出すことができませんでした。
そこで彼はユダヤ最大の祭りである過越祭の時に、囚人の一人に恩赦を与え 釈放する習慣があったので、イエスをその恩赦の対象にすれば良いのではない かと考えたのです。しかしユダヤ当局者たちは、イエスではなく、強盗であり 人殺しであった、極悪人のバラバを釈放しろと要求してきました。ピラトは自 分の計画通りにいかないこうした現実を見て、いとも簡単にイエスを十字架に つけることを許可したのでした。
十字架刑は両手両足を釘で打ち付けられ、激痛と飢えと渇きの中、死ぬまで 放置される残酷な処刑方法です。しかし、罪を何一つ見出すことのできないイ エス様が、どうして十字架につけられなければならなかったのでしょう。罪の ない方が十字架につけられることほど理不尽なことはありません。しかしここ にこそ、十字架の深い意味があり、神様の大きな愛が現されているのです。
聖書はこう記しています。新約聖書 第二コリント 5 章 21 節
「神は、罪を知らない方を私たちのために罪とされました。それは、私たち がこの方にあって神の義となるためです。」このように書かれています。
イエス様は、まったく罪がないのに十字架について下さいました。それは、 一人ひとりの罪を肩代わりし、身代わりとなって、罪の罰を、呪いを、すべて 十字架の上で背負って下さったのです。
私たちの罪のために十字架について下さったこの出来事の中に、大きな愛が 現されているんです。そしてこの愛が、あなたに注がれているんですね。

コメント

番組に対するコメントはまだありません。ぜひ感想をお願いいたします。

コメントを投稿する

お問い合わせ