霊的観点からみる境界線④霊的修練

出演者
中村 佐知(翻訳者 心理学博士)
再生回数
コメント数
0
制作
インマヌエルeブックス
タグ
  • 疲れているとき
  • 不安や恐れを感じているとき
  • 眠れないとき
  • 人を許すことが出来ないとき

もっと詳しく見る

アップロード日
2021.06.14
カテゴリ
教養・教育
このビデオは 霊的観点からみる境界線1week(4)霊的修練「沈黙」
約13分半
参考書籍:『境界線』(地引網出版)の1章、2章
『あなたがずっと求めていた人生』(地引網出版)の第2章~第3章;特に第3章
・・・・・・・・
1. 霊的修練とは何か。
2. 「沈黙して心を静める」修練の説明

【学んだことを整理し、思いを巡らすための問い】

(1)私たちの霊的変容における神様の役割と私たちの役割を、動画の中にあった僧侶の話を参考に、自分の言葉で説明してみてください。

(2)実際に2分間沈黙して心を沈めてみて、いかがでしたか? 気づいたこと、感じたことはありますか?

*霊的修練とは、私たちから神様への捧げ物でもあります。
大切なことは、心を込めてそれを捧げることです。捧げたあとに神様がそれをどう用いるかは、神様に委ねます。純粋な霊的修練についての、ロバート・マルホランドの言葉をご紹介します。彼が言っていることを、しばし味わってみてください。みなさんが霊的修練を実践するにあたり、あなたに必要な力や願いをあなたの内側に起こしてくださるよう、主に求めましょう。そしてあなたの行う霊的修練が、主の前に心からの捧げ物となるよう、祈りましょう。

//////////////////////////////////////////
純粋な霊的修練とは、何の見返りも期待せずに、愛から出る従順を神にお捧げするものです。
私たちの側からは何の条件もつけません。何の時間制限も設けません。その修練を通して、神に自分をどう変えていただきたいのかという期待も抱きません。ただ神にその修練をお捧げするのです。そして神がそれを続けてほしいと思われる限り、ずっとお捧げし続けるのです。…私たちが修練をお捧げし続けるとき、その修練は私たちの内に神の恵みが流れ込む手段となります。私たちの身体の死んだ部分が、キリストのかたちにあるいのちへと変えられていくために、神が働かれ、動かれるための手段です。ある朝あなたは目覚め、しばしば驚きを持って気づくでしょう。その修練はもはや修練ではなくなっていることに。今や、キリストにある新しいいのちへとよみがえらされたあなたという存在から、自然と溢れ出すものに変えられていることに気づくのです。キリスト・イエスを死者の中からよみがえらされたお方の霊、そしてあなたの内にも住んでおられる霊が、あなたの死んだからだをも生き返らせたのです。あなたが行ったのではありません。神がなさったのです。しかし神は、あなたが捧げた修練を通してそれをなさったのです。
――Robert Mulholland Jr. Invitation to a Journey (pp. 131, 133)
//////////////////////////////////////

この動画の講座は、講座2020年2月12日から開講されましたが、現在でもとても人気があり、受講可能です。
今回は、第1週の学びの動画を5本、順次、聖書チャンネルBRIDGEだけに無料で公開いたしました。(この5本をご覧になるだけでも、とても助けになりますので、順にご覧ください)

1,イントロダクション

2,パーソナルバウンダリーとは

2+αどのようなものが境界線となるのか?

3,境界線を霊的観点からみるとは?

4,霊的修練:沈黙して心をしずめる祈り


なお、noteでのe-Learning講座は前期後期各4週間分の学びですが、都合のいいペースで進められます。
前期では「境界線の10の原則」を取り上げ、具体例をあげつつ詳しく説明します。

霊的観点からみる境界線(前期)(←クリックすると別サイトに飛びます)

また、聖霊に働いていただきやすくなるように「霊的修練」も毎週ご紹介。
後期では神との関係、夫婦間、子育て、職場など、より実際的な場面での境界線を見ていきます。

コメント

番組に対するコメントはまだありません。ぜひ感想をお願いいたします。

コメントを投稿する

お問い合わせ