信仰を抱いて生きる:妻と夫へのペトロの助言

出演者
石田 学(小山ナザレン教会:牧師)
再生回数
コメント数
0
制作
インマヌエルeブックス
タグ
  • 疲れているとき
  • 不安や恐れを感じているとき
  • 孤独や悲しみを覚えるとき
  • 人を許すことが出来ないとき

もっと詳しく見る

アップロード日
2021.07.04
カテゴリ
聖書・歴史
聖書箇所
[新約聖書] ペテロの手紙第一 3章1-4節節
Grace-onlineで現在開講中の石田 学牧師「ペトロの手紙一を読む」(←クリックでとべます)有料e-Learningから
独立記念日に因んで2本、聖書チャンネルBridegeでのみ無料で公開いたします。
この時期だけでなく、大切な・・そして愛と励ましに満ちたこれらのメッセージをどうぞ

聖書は古代文書です。
新約聖書は紀元50年から100年頃。
一番新しい文書でも、1900年前のもの。
たしかに聖なる書物であり、
キリスト教の理解に基づくなら、
神の霊感を受けて書かれた文書です。
でも、文化や時代と無関係ではなく、
その時代の現実、
その時代の人々の体験が語られています。
たとえば、ペトロの手紙一のこの箇所は、
1900年以上前の時代、
古代ローマの辺境の地であった、
小アジア北部、
今のトルコ北部地域で暮らしていた、
マイノリティ中のマイノリティであった、
キリスト教徒に宛てて書かれています。
教会には幾人もの奴隷がいて、
貧しい人や下層民がいて、
その時代の文化や風土、世の風習の中で、
キリスト者として生きている人たちです。
どんな生活だったのかは良くわかりません。
でも、いろいろ困難で苦しいことの多い、
厳しい現実を生きていたことは、
手紙の雰囲気から伝わってきます。
聖書はそういう現実を生きる人々に宛てて、
そういう現実を知る人々によって書かれ、
それが代々の教会によって読まれ、
人々に福音を告げ知らせ、
信仰を抱き、養う糧となってきました。

コメント

番組に対するコメントはまだありません。ぜひ感想をお願いいたします。

コメントを投稿する

お問い合わせ